沖縄の板金塗装と車事情

沖縄はモノレールが開通するまでは、交通手段はバスかタクシーしかなかったため、マイカー保有率が非常に高い地域となっています。一世帯当たりの車保有台数は1.248となっており、一家に一台は車があるのが一般的です。モノレールが開通してもまだまだ車は生活必需品となっており、観光者もレンタカーを借りる人が多いくらいです。また大学なども広大な駐車スペースを設けているなど、車を所有していたほうが便利に生活できます。また、沖縄は中古市場が活発な地域でもあり、多くの人が中古車を利用しています。これは、塩害などで車体のダメージが受けやすいのが要因となっているようです。さらに、Yナンバーなど米軍関係者が所有している車をよく見かけるので、様々な車が走っているのが特徴です。中古車や塩害なども多いことから、定期的なメンテナンスが必要となりますが、板金塗装などを扱っている整備工場は充実しているので安心です。ただし、各工場とも料金やサービスが異なってくるため、まずは複数を比較検討して自分に合った工場を選ぶようにしましょう。
検索条件選択
依頼内容の選択
都道府県選択
希望支払方法
車の受け渡し方法

1.修理前

2.修理後

ページTOPへ